グルコサミンで軟骨の働きをサポート|アクティブに動けます

関節痛を改善する物質

笑顔の医者

グルコサミンを含む食品はありますが、吸収率が低く充分な量が摂取できないため、サプリメントでの摂取が基本です。グルコサミンは安全性が高く、ほとんど副作用のない物質です。コンドロイチンと一緒に摂取すると速く大きな効果を得ることができます。

詳細を確認する...

誰にでもお勧めの成分

カルテを持つ医者

エビやカニの殻に多く含まれるグルコサミンは、食事として食べる難しいためサプリメントで摂取します。安全性には問題がなく、予防的にも摂取できます。甲殻類アレルギーの人には植物性のグルコサミンがお勧めです。

詳細を確認する...

期待できる効果

先生

関節痛を防ぐ効果があるグルコサミンは生活習慣病の予防効果もあるため、中高年齢層にとって大きな効果が期待できる健康成分です。コンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンから生成される物質のため、関節にとって最も重要な成分はグルコサミンということになります。

詳細を確認する...

関節痛にならないために

なくてはならない物質

先生

グルコサミンはアミノ酸とグルコースという糖類が結合したアミノ糖で、動物の軟骨や皮膚や爪に多く含まれる物質です。軟骨を構成するプロテオグリカンを作りだす物質で、プロテオグリカンからコンドロイチンやヒアルロン酸が作りだされることからグルコサミンは動物にとってなくてはならない存在です。グルコサミンが減少すると、軟骨が減ってきてしまい、関節痛や腰痛を引き起こします。年齢とともに生成量が減ってしまうため中高年になったら積極的に補充してあげたほうがよいでしょう。グルコサミンが多く含まれる食品には、エビやカニの殻、鶏皮や牛や豚の軟骨があげられます。納豆やおくらといったネバネバした食品にも多く含まれています。

吸収率を良くするために

グルコサミンは、エビやカニの殻や鶏皮などの食品に多く含まれていますが、それでも食品から摂取できる量はわずかでサプリメントで補充して上げる必要があります。サプリメントの多くは、エビやカニ殻抽出することが多いですが、そこから抽出されたグルコサミンは人間が持っているグルコサミンと構成がとても似ているため、吸収が良い利点があります。グルコサミンはコンドロイチンやヒアルロン酸と比較して、分子量が小さく吸収率は高いですが、抽出方法によって吸収率が変わります。欧米では硫酸処理でエビやカニの殻からグルコサミンを抽出しますが、日本で主流の塩酸処理での抽出はグルコサミンの分子量が小さく、純度が高いためより吸収率が高くなっています。