グルコサミンで軟骨の働きをサポート|アクティブに動けます

関節痛を改善する物質

体内になる安全な物質

笑顔の医者

軟骨の再生を促し、関節痛の痛みを軽減するグルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻に多く存在する物質です。グルコサミンは体内で生成される物質ですが、年齢があがったり、肥満や運動不足によって生成量が減少してしまいます。カニやエビの殻を直接食べることはできない上に、もし食べたとしてもほとんど消化されないため、サプリメントでの摂取が基本です。グルコサミンはもともと体内にある物質なので安全性が高いことが証明されています。サプリメントを大量摂取することによって、若干の胃の荒れが出た報告はありますが、重篤かしたことは一度も報告されていません。グルコサミンは糖の一種のため、糖尿病患者は医師に相談の上に摂取することをお勧めします。

攻守一体での効果

グルコサミンとともに関節痛を緩和する物質にコンドロイチンがあります。サプリメントにもグルコサミンとともにコンドロイチンが添付されているものが多く、2つの物質で相乗効果を得ることができます。グルコサミンが生成するプリテオグリカンが軟骨を作りだしますが、軟骨内には血管がないため水分や栄養分が届きません。コンドロイチンは軟骨に水分と栄養分を届ける働きをします。また、軟骨の変形や破壊を防ぐ働きもあります。グルコサミンが軟骨を新たに作りだすのであれば、コンドロイチンが軟骨が減るのを守ることによって攻守一体になって効果を発揮します。特に既に関節に痛みを抱えている人は、グルコサミンだけでなくコンドロイチンも一緒に摂取した方が早く効果を得ることができます。