グルコサミンで軟骨の働きをサポート|アクティブに動けます

期待できる効果

中高年齢層に嬉しい成分

先生

関節痛を防ぐ効果が期待できるとして中高年齢層を中心に人気になっている健康成分がグルコサミンです。グルコサミンは関節内の軟骨を生成する成分で、軟骨がクッションになることで関節痛を防いでくれます。変形性関節症の予防にも効果があります。グルコサミンは関節への効果が注目されていますが、それ以外にも人気になっている理由があります。グルコサミンは血小板が凝集することを抑制する効果があります。血小板が凝集すると血管が細く、硬くなり動脈硬化になるため脳卒中の原因となります。グルコサミンは高血圧や高脂血症などの生活習慣病の改善にも効果があるため、関節に良いだけでなく中高年齢層が摂取すると大きな効果が期待できる健康成分です。

関節に最も重要な成分

グルコサミン以外にも関節痛の予防になる成分としてコンドロイチンやヒアルロン酸があがります。グルコサミンは軟骨を構成するムコ多糖類のプロテオグリカンを作る成分で、軟骨のクッション性をあげて柔軟性を保つコンドロイチンやヒアルロン酸はプロテオグリカンに含まれる成分です。つまりグルコサミンからコンドロイチンやヒアルロン酸が作られることを意味します。グルコサミンは関節にとって最も重要な成分なことがわかります。関節の動きをよくするためにはコンドロイチンが不可欠ですが、コンドロイチンを摂取しても分子量が大きいため、体にほとんど吸収されずに体外に流れてしまいます。グルコサミンはコンドロイチンよりも分子量が小さく、吸収されやすい成分です。